ツルツル感がUPしてニキビくり返さない!整肌スキンケア・どくだみ[薬用]

ニキビ 市販薬
0
    JUGEMテーマ:ニキビ

    ニキビ治療の為の薬もいろいろですが、大きく分けると市販薬と処方薬があります。
    この2つの違いって知ってますか?
    名前からわかる通り、市販薬は薬局で手軽に手に入るもので、
    一方の処方薬はお医者さんに処方箋を出してもらわないと買えない薬です。
    そのほか、この2つの大きな違いには、「抗生物質」の有無なんです。!

    抗生物質は、菌そのものの増殖を抑え、炎症に対して即効性がり、
    炎症や赤みを抑えてくれる効果が期待できるもの。

    市販薬においては、炎症軽減や即効性を望む場合が多いので適しているとも言え、
    炎症を起こしているニキビには、効果的に感じるものです。
    但し、あくまで炎症を抑える効果があるものであり、
    根本的な改善にはならない薬だという認識を持っていることも重要ですね。

    その時すぐの効果を期待したい場合には、市販薬は手軽でありがたいものです。
    しかしながら、根本を治すまでの力はないので、
    しばらく使っても、完全な改善がない場合には、
    医師の診断・治療受けることが賢明ということで認識しておきましょう。
    | nheart001a | にきび 薬 | 23:56 | comments(0) | - |
    ニキビケア お水
    0
      JUGEMテーマ:ニキビ

      ニキビの原因の1つに水分不足がある様ですが、あまり知られていない様ですね。

      実は、体内の水分バランスが崩れると、血液中の老廃物も多くなり、粘度が増すそうなんです。(゚o゚;;
      すると毛細血管などでは、必要な栄養素などが運ばれにくくなり、お肌の栄養状態が悪くなって、
      皮膚の抵抗力が低下してしまい、細菌感染などがしやすくなってしまうというのです。
      そんなリスクから、ニキビが出来てしまうということも多い様です。

      水分は体に必要なもの。飲むだけで簡単なので、しっかりと摂取してお肌の健康を保ちましょう。
      飲む目安は、1.5〜2L/日だそうです。
      暑い夏場は汗をかくので、もっと摂取してもいいかもしれませんね。
      | nheart001a | ニキビケア | 23:34 | comments(0) | - |
      ニキビ肌用化粧水選び
      0
        JUGEMテーマ:ニキビ

        ニキビ肌のケアの為に化粧水を選ぶポイントは3つ!
        1.消炎成分
        2.ビタミンC配合
        3.オイル・アルコールフリー

        特に気を付けるべきは、3つめのオイル・アルコールフリー!
        オイルは、ニキビにとっては、原因のアクネ菌の栄養になってしまい、
        返って、ニキビを悪化させたり、悪化を早めてしまうことになるからなのです。
        ケアの為に塗布する化粧水なのに、それがアクネ菌の栄養になる??
        なんて、絶対イヤですよね!

        アルコールについては、お肌の乾燥を招いてしまう恐れがあるからですね。
        アルコールは肌に塗るとすぐに乾くもの、その時、お肌に大事な水分をも
        奪っていってしまうんです。

        化粧水を選ぶ時は、ちょっと成分や配合をチェックして、
        お肌の状態にあったものを選ぶことが大事ですね。


        ルナメアAC  
        | nheart001a | にきび 化粧水 | 23:57 | comments(0) | - |


        SEO対策テンプレート